会社概要

社名 日本農芸株式会社
本社・工場 〒377-0025 群馬県渋川市川島字下田41-1
TEL 0279-22-2769 FAX 0279-23-5010
設立 2016年6月30日
資本金 500万円
事業内容 肥料、土壌改良材、飼料の製造、仕入、販売
各種培養土、各種土壌調整材の製造、仕入販売
各種微生物、菌体の製造、仕入、販売
農薬、工業薬品、医薬品、医薬部外品並びに食料品の製造、仕入、販売
殺虫、殺菌消毒、病害虫防除の実施
各種農業資材、農業用機械器具の仕入、販売、賃貸
前各号に付帯する一切の事業
取引金融機関 北陸銀行 石動支店
群馬銀行 渋川支店
生産能力

年間5,000トン

グループ会社 大洋化学工業株式会社
昭和肥料株式会社


 
GoogleMapで開く
 

沿革

昭和36年7月 東北肥料株式会社の出資により土壌改良材の製造・販売を目的として創立。
昭和38年9月 渋川工場竣工。
昭和39年10月 光興業株式会社と業務提携、土壌調整材「HSC1号」の生産開始。
昭和44年6月 バイオ技術を土壌調整材に取り入れ、土壌線虫捕食菌の添加を開始。
昭和47年8月 土壌調整材の新製品として菌、土壌病原の防除特性を有する菌を配合した 「トリコン」の生産開始。
昭和52年6月 園芸用培土の生産開始。
平成9年10月 多目的造粒製造設備完成。高機能土壌改良材生産開始。
平成28年6月 昭和肥料株式会社が新たに事業を継承し、新会社として設立。

営業品目

土壌改良資材 硫黄華と、多孔質資材の緑色凝灰岩を混合し、粒状化した土壌改良材。
高成分の硫黄華を造粒し、更に腐植酸を添加した独創的な土壌改良材。
肥料登録「硫黄及びその化合物」
土壌調整材 ■線虫捕食菌入り調整材
農業分野において、最多、最難防除である土壌線虫を捕食する土壌線虫捕食菌を添加。更に土壌線虫の、すみかとなる土中の作物残差を分解する、繊維分解菌を添加した、画期的な土壌調整材。
■土壌病害の防除特性を持つ菌入り調整材
カビ菌を由来とする、病害菌に他感作用(アレロパシー)を示す有用菌を添加した、土壌を元気にする土壌調整材。有機物を速やかに分解する特性も併せ持つ。

本社工場